キャッシング比較なら低金利・即日融資で!

キャッシング比較なら低金利と即日融資で!

キャッシング比較をする場合、何を基準に比較するか迷いますよね?キャッシングカードローンの種類も多く、1番お得なキャッシングはどれなのか、初めてキャッシングする人にはかなり難しいと思います。

 

キャッシング比較で1番重要なのは、【金利】と【即日融資】です。金利はもちろん低金利方が利息の負担も少なくお得になるのは分かると思いますが、
次に重要なのは即日融資可能かどうか?なのです。

 

キャッシングは突発的な入用で利用する人が多いと思います。ある程度日数に余裕があるのであれば、次の給料日まで我慢する。又は、身内や友人に借りれるか聞いてみるなど、資金調達の方法は多くあります。

 

しかし、次の給料日前までにどうしても必要な場合や、急な接待や冠婚葬祭、期日限定の買い物など、お金の流れは思うように待ってくれません。

 

そのような場合にキャッシングは非常にメリットのある利用方法なのです。
キャッシングの金利は高いと思っている人が多いと思いますが、キャッシングカードローンはあくまで利用日数分の日割り計算になっており、例えば、給料日前の5日間だけ借りたいのであれば、
5日後に返済すれば利息は5日間分のみで済みます。

 

身内や友人にお金を借りることは非常に言いにくいことです。キャッシングカードローンであれば、誰に気にする必要もなく、借りたい時にいつでも近くのコンビニや銀行ATMから借入が可能です。しかも利用日数分の日割り計算であれば計画的に借入ができると言えます。

 

急な出費の時にキャッシングを申し込んでも当日に借りれなければ意味が無く、申し込みに費やした時間は無駄となり、自分の個人情報を伝えた分、あまりいい気がしませんよね?
キャッシングはもちろん低金利の方が良いですが、当日利用できなければ意味が無く、多少金利は高くても今すぐ借りれる即日融資のキャッシングの方が評価が高い傾向にあるのです。

 

当サイトはキャッシング低金利と即日融資に限定し、徹底比較を行うことで、利用者の人に参考になってもらえれば幸いです。

 

キャッシング低金利比較のポイント!

キャッシング低金利で比較しようとしても、どのキャッシングが低金利なのか、なかなか分かりづらいと思います。

 

ここでポイントとなるのはキャッシング金利は必ず上限金利で選ぶ!ということです。

 

例えば、金利5.3% 〜 18.0%のA社と、金利6.5% 〜 15.0%のB社があったとします。キャッシングの金利は左側の低い金利のことを下限金利と言い、右側の高い金利のことを上限金利と言います。

 

この場合A社は下限金利が5.3%でB社の6.5%よりも低く、A社の方が低金利でキャッシングできそうと思いがちですが、低金利で借りるのであればB社を選択するべきなのです。

 

なぜなら、下限金利とは最高限度額を借りた場合や、長年利用していて実績がある人などの増額時に適用されることがほとんどで、新規契約でいきなり最低金利の適用は100%無いと言えるからです。

 

そうした場合、左側の下限金利を比較しても参考になりません。実際借りたときに設定される適用金利は100万円未満の限度額であれば、ほとんんどが右側の上限金利になるのです。

上限金利でキャッシング比較すれば低金利となる!

先ほどの例で見れば上限金利はA社は18.0%、B社は15.0%となっています。もし、あなたが50万円借入希望だった場合、A社から借りれば金利は18.0%の可能性が高いです。しかし、B社は上限金利が15.0%となっていることから、
最大でも金利は15.0%となり、A社の18.0%よりも低いことになります。

 

50万円の利用であれば、B社で借りれば実際適用される金利は15.0%になります。
このように、キャッシングの金利は必ず上限金利で比較することが低金利で借りるポイントになるのです。これはカードローン金利にも同じことが言え、カードローン金利比較等でも上限金利を見ることが最も大事な事だと言えます。

銀行カードローンは総量規制対象外!

キャッシング比較で金利を重点に選ぶのであれば、銀行カードローンが最もおすすめと言えます。銀行カードローンは、低金利と限度額が非常に高い上に、年収3分の1を超えても貸付可能な総量規制対象外のカードローンです。提携ATM利用手数料無料などのメリットもあり、キャッシング比較をするうえでは外せないカードです。

 

銀行カードローンは通常のフリ―ローン以外にも複数借入のおまとめや、カードローン借り換えにもおすすめとなっています(カードローン借り換えについてはこちら参照)。低金利でおまとめ・借り換えすることで毎月の利息を軽減し、最低支払金額も引き下げることが可能になります。銀行カードローンへ申込みしていない人は、一度検討することをおすすめします。