総量規制対象外キャッシング

総量規制対象外のキャッシングとは?

キャッシングは2010年6月から年収3分の1の規制が入りました。これを総量規制と言い、全ての人は、消費者金融やクレジット会社からのキャッシングをしようとした場合、自分の年収の3分の1までしか借入ができないのです。

 

しかし、この総量規制とは、消費者金融などの貸金業者に限定した規制となっており、要するに貸金業者以外からお金を借りる時は、年収3分の1の規制はないのです。

 

貸金業者以外からお金を借りるところは、有名なのは銀行です。銀行は住宅ローンなどが有名ですが、今個人向け消費者ローン、カードローンを積極的に融資しており、銀行カードローンは総量規制が関係ない、総量規制対象外となるのです。

総量規制対象外は何が違うの?

総量規制対象外はまず、年収3分の1の規制がありません。その為、総量規制対象外のカードローンであれば、年収3分の1を超えたとしても審査次第で借りることは可能なのです。

 

年収による規制がないということは、収入が無い専業主婦でも借入は可能となります。消費者金融では専業主婦は総量規制によって借入ができませんが、銀行カードローンであれば、借入上限は最大でも50万円程度になりますが、借入は充分に可能です。

 

又、銀行カードローンであれば、収入証明書は100万円まで不要で借入ができます。消費者金融は50万円を超える借入の場合、源泉徴収票や、所得証明書などの年収証明書が必要となりますが、銀行は総量規制対象外のこともあり、収入証明書は原則100万円までは不要となっているのです。収入証明書は300万円までなら不要としているオリックス銀行カードローンもあります。

 

キャッシングするなら総量規制対象外の方がおすすめ!

総量規制対象外とは銀行カードローンと説明しましたが、銀行カードローンはまず、第一に低金利です。そして、限度額も高くなっていることから、今後のキャッシングは銀行カードローンを中心として回っていくことは間違いありません。

 

さらに、銀行カードローンならば、提携ATM手数料が無料となっている為、近くのコンビニや銀行から出金・入金をしても一切手数料はかからないのです。

 

消費者金融であれば、一回につき105円〜210円のATM手数料が取られますので、銀行カードローンは非常に便利とお得なカードローンとなるのです。キャッシングするらば、総量規制対象外の銀行カードローンが断然におすすめです。