キャッシング収入証明書不要

キャッシングで収入証明書は必要?

キャッシングする場合にこの前、収入証明書(源泉徴収票や給料明細2か月分)が必要と言われましたが、キャッシング審査の時には絶対に収入証明書が必要なんですか?

 

上記の質問は最近よく聞きます。それも当然のはずで、以前まではキャッシング審査において収入証明書は必要が無かったからです。

 

しかし、2010年に総量規制が決まってからは、消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは、顧客の年収の3分の1までしか貸付することができなくなったため、申込み者の年収を把握する必要がでてきたのです。

収入証明書不要でも借りれるキャッシングとは?

貸付を原則年収の3分の1までにしたのは貸金業法の総量規制です。総量規制対象外のページでも説明しましたが、銀行カードローンは総量規制とは関係が無い、総量規制対象外となりますので、収入証明書不要で借りれることは可能なんです!

 

厳密に言えば、銀行カードローンであれば、100万円以下なら原則収入証明書は必要ありません。消費者金融では、50万円を超える貸付又は、他の消費者金融業者と合わせた貸付額が100万円を超える場合は収入証明書が必要となりますが、銀行カードローンであれば、他の借入金額は関係が無く、貸付限度額が100万円以下であれば収入証明書は必要がないのです。

オリックス銀行カードローンなら300万円以下は収入証明書不要!

銀行カードローンは100万円以下に限り収入証明書不要と書きましたが、銀行によって、収入証明書の取得金額は異なっており、最大はオリックス銀行カードローンのように、300万円以下は収入証明書不要となっています。

 

300万円まで必要無ければ、大口の借り換えローンやおまとめローンなども収入証明書無しで借りれることになります。これは顧客サービスとして非常にありがたいことです。

 

以上のように、キャッシングで収入証明書は必要となるケースもありますが、銀行カードローンならほとんどの場合は収入証明書は不要で借りられるということです。収入証明書を持っていない人は、銀行カードローンへ申込みしてみましょう。