カードローン審査

カードローン審査は厳しいのか?

カードローン審査と聞くと、今は消費者金融から銀行カードローンまで、多くの審査が該当します。カードローンとキャッシングの違いは、借りた金額を翌月に一括返済するのか、分割返済してくのかだけの違いであり、今はキャッシングで借りても分割返済が可能になっているので、キャッシングとカードローンの違いはほとんどありません。

 

カードローンという言葉自体、昔はありませんでした。カードローンという言葉ができたのは、銀行が本格的に個人向けローンに参入してきた時期です。

 

その頃、キャッシング・消費者金融業界は過払い返還請求の真っただ中で、銀行としては過払いのイメージのあるキャッシングという言葉を付けたくなっかたので、新たに銀行カードローンという名で広告宣伝していったことで、カードローンは広まっていった過去があります。

カードローン審査は銀行よりも消費者金融の方が通りやすい!

冒頭で書いたように、キャッシングとカードローンとは今同じ意味となっているので、消費者金融からの借入も消費者金融カードローンと呼ばれいています。

 

もともと消費者金融は一ヶ月に一度、最低返済額以上を入金すれば一括返済する必要はありませんので、消費者金融の契約内容こそが、本来のカードローンと言えるべき内容なのです。

 

銀行カードローンと消費者金融カードローン、どちらへ申込みした方が審査に通りやすいかと言えば断然に消費者金融カードローンになります。

 

銀行カードローンは個人向け融資に積極貸付していると言っても、やはり銀行であり、その下には保証会社がついています。その為、保証会社の審査に通らなければ銀行カードローンの審査に通る事は出来ず、保証会社は大手消費者金融やクレジット会社、信販会社がなっていることから、銀行の審査の下には消費者金融やクレジット会社、信販会社の審査があると言っても良いでしょう。

 

しかし、カードローン審査基準は厳しい方から申込みした方が得策とも言えるので、申込みする順番としては、銀行カードローンへ申込み後に消費者金融へ申込みしてみることをおすすめします。