キャッシング比較なら低金利・即日融資で!

キャッシングの怖い点

キャッシングは限度額内で繰り返し借入と返済ができるリボルビング方式であることから、ついつい使いすぎてしまうケースが非常に多いと言えます。

 

最初キャッシングした時は、3万〜4万程度借りれば十分で、翌月の給料で一括返済する予定だったとしても、楽しい飲み会や、上司との接待、でお酒が入ったり、ギャンブルで熱くなってつぎこんでしまったり、などなど、その時に頭をよぎるのはキャッシング枠がまだあるという安心感です。

 

キャッシングはいつでも・どこでも借入できることで、キャッシング利用者にとっては、なぜかお金は借りればあるという考えのもと、安心してしまうのです。

 

キャッシング自体借金とは分かっているはずなのに、キャッシングは毎月最低返済額のみ入金すれば、それ以上一括返済も含め、する必要が無いため、毎月の返済だけできる金額なら、まだ大丈夫と思って借りてしまうのが人間なのです。

 

しかし。キャッシングの怖い点は、借りる時は楽でも、返す時は利息が付くので、非常に残高が減るのが遅く感じることです。

 

利息が付くことはあたりまえですが、10万円の利息は1500円ぐらいで、そこまで大きくはありませんが、50万円になれば、1か月の利息は約7,400円程度になってしまし、仮に15,000円返済しても、元金(残高)に入るのは約半分程度です。

返済が苦しくて新たなキャッシングは地獄への一本道

50万円以上は金利18%の場合、かなり負担が大きくなりますので、生活水準を落とさなければ、なかなか返済することは難しくなります。

 

しかし、キャッシングでいままで遊んできた人は、すぐにその体質はなおりません。飲みや、遊び、ギャンブルを断つことができず、同じような生活水準をしてしまいます。

 

そして毎月の返済が足らなくなったとき、もう1件キャッシングの申込みをしてしまうのです。

 

この2件目も最初は5万円程度の少額を借りて、もう1件の返済に回す。そして、今後は節約生活をして借金返済をする!と考えているはずでしたが、気が付けばまた同じことを繰り返し、いつのまにか2件目の残高も50万円になり、負債は2件で100万円になってしましました。

 

その人の年収は300万円弱です。今は総量規制があることから、この人はもうすでに消費者金融やクレジットカードのキャッシングは年収1/3となっている為、借りることができません。

 

本人はまた次のキャッシングをすれば大丈夫と思っているだけで、総量規制という法律を知らないのです。

 

借りれると思っていた時ほど、断られるのは精神的ダメージがかなり強くなります。

 

キャッシングの怖い点は、キャッシングに依存してしまうことです。自分のお金ではなく、借金なのに、あたかも自分の銀行口座から引き出しているような錯覚に陥るのです。これこそがキャッシングの一番怖い点なのです。