キャッシング比較なら低金利・即日融資で!

キャッシング即日融資は何時間で借りれるのか?

今すぐ借りたい!今日中にキャッシングしたい!など突然の出費はいつどこで起きるか分かりません。そのような時、即日融資できるキャッシングが非常に重要となるのです。

 

では、キャッシング即日融資は申込みしてから何時間後に現金を借りれるのか?初めてのキャッシングであれば現金を手にする時間が一番気になるところです。

 

キャッシング会社の審査時間は、早いキャッシングで最短30分となっています。これは、申込み完了してから正式審査結果回答までの時間になるので、申込み時間は省かれています。

 

申込みするならインターネットからが早く申込みできる!

早くキャッシングしたいのであれば、当然早い時間に申し込みすることがポイントです。当日に借りるなら、遅くても昼までには申込みを完了させておきたいところです。なぜなら、融資はキャッシングカードでATMより引きだすか、銀行振込、又は来店の3種類しかありません。

 

キャッシングカードで引き出すのであれば、カードが手元になければ引きだせれないのでカードを郵送してもらうか、取りに行く必要があります。しかし、郵送は時間がかかり、取りに行く時間も無いのであれば、自分の銀行口座に振込してもらうことで早く融資を受けることができますが、当日の銀行振込締め切り時間が関わってきますので、多くのキャッシング会社では当日14時〜14時50分までに契約完了が即日融資の条件になっています。

 

では仮に14時までに契約完了を想定した場合、逆算していくとやはり最低でも昼の12時までには申込みを完了しておく必要があります。申込みにも時間がかかるのですが、早く申込みするのであればインターネットからの申込みをおすすめします。

 

電話での申込みは口頭で住所や勤務先などを言い、聞き取りにも時間を要しますが、インターネットなら決められた申込書に自分が記入して送信することで申込みは完了となります。

 

キャッシングの審査は最短で30分!

多くのキャッシング会社は正式審査回答まで最短で30分と広告していますが、これはあくまで最短の場合です。申込みした日が月明けや月末など申込みが多い日であれば審査に1時間以上かかることもあります。

 

極力申込みが少ない月の中旬や給料日後の25日以降などが早く審査結果がでる可能性が高いと言えます。いずれにせよ、キャッシングの審査時間は1時間以内と考えておいた方が無難です。

 

しかも、申込み入力に不備があればキャッシング会社から電話やメールがあり、不備だった箇所を聞き取るまで審査は進まないことがあります。早く借りるのであれば、申込み入力に不備がないようにしましょう。

 

契約と契約説明で1時間程度は見ておくこと

キャッシングは審査が通れば即借りれるわけではありません。契約には事前契約書から、契約書までの記入(ネットで完結もできます)、そして契約の説明までがあり、早ければ30分程度で可能かもしれませんが、やはりここでも1時間程度は見ておく必要があります。

キャッシング申込みから振込まで、最短で2時間は見ておく

  1. キャッシング申込み(インターネットから)多めに見て約30分
  2. キャッシング審査時間に30分〜1時間
  3. 契約・契約内容説明に1時間
  4. キャッシング会社で銀行振込手続き

あるていど多めに時間をみましたが、キャッシングするには上記の時間が必要となります。やはり、即日融資希望であれば、最低昼までには申込み完了しておき、即日融資の条件である、14時〜14:50には契約完了しておかなければ当日に振込が入らない場合があります。

 

もし、その時間に間に合わないようであれば、直接店舗へ来店又は、無人契約機へ行くことで、銀行振込時間を過ぎても当日に現金を借りることが可能になります。